健康

    1: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2018/07/28(土) 17:32:06.98 ID:v4D6M+98a
    これマジ?

    転載元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532766726/ 【ワイ「ニートって毎日休日でええな」ニート「楽しいことでも毎日続いたら退屈と変わらない」 】の続きを読む

    1: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2018/05/15(火) 07:43:37.37 ID:wn4YEoTur
    ペースメーカーが誤作動したらどうするんだ

    転載元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526337817/ 【ワイ正義マン、満員電車で優先席でスマホをいじる若者を注意する 】の続きを読む

    1: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2018/04/07(土) 07:40:56.77 ID:sIjy4GGB0
    “食べることを目指す”治療へ

    食物アレルギーはかつては、血液検査などで原因食物を判断し、疑いのあるものは一切食べない「完全除去」と呼ばれる管理が行われてきました。

    この治療法をめぐっては、患者によっては、食事が大きく制限され、成長に影響が出るなどの問題が指摘されていました。

    こうした中、12年前の平成18年、治療の方向性が大きく変わりました。
    病院に入院して、アレルギーの疑いのある食品を実際に食べ、原因食物の確定と、安全に食べられる量などを診断する「食物経口負荷試験」と、その結果にもとづいて、
    医師などが、原因食物も安全な範囲で食べられるよう指導する「栄養食事指導※」が保険適用になりました。

    定期的に負荷試験を行い、安全が確認されれば、食べる量を増やしていく方法で、従来の“食べない”治療から、“食べることを目指す”治療になったのです。
    no title


    田野さんの治療は、医師の指導のもと、「卵1グラム、そうめん1センチ」から始まりました。負荷試験で、時折強い症状が出ることもありました。


    そうしたつらい治療を乗り越えるため、田野さんが行ったのは、将来、何を食べられるようになりたいか、「目標」を立てることでした。

    目標としたのは、なかなか克服できなかった半熟の目玉焼きなどが乗った「ロコモコ」を本場のハワイで食べること。

    食物アレルギーの患者にとって、海外旅行には大きなハードルがあります。
    機内でショック症状を起こさないか、海外の食事で、言葉が通じない場合原材料を確かめることができるか、万が一の場合の救急対応はどうするのか…。

    そうした心配をすべて乗り越えて、何でも食べられるようになりたいという大きな目標でした。

    それから4年。アレルギー症状を抑えるため肌のスキンケアを徹底したり、ぜんそくなどの治療にも取り組みました。

    その結果、田野さんは卵などが食べられるようになり、去年12月、ハワイでロコモコを食べるという目標を達成できました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/still/web_tokushu_2018_0405_img_05.jpg
    https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0405.html

    転載元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523054456/ 【【驚愕】卵アレルギーと小麦アレルギーの14歳美少女、そうめん1cm卵1gを食べ続け耐性をつけ、克服。 】の続きを読む

    1: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2018/02/16(金)19:21:48 ID:oRB
    適合すると思わなかったわ
    まあ人助けしてくるで

    転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518776508/ 【骨髄バンクにドナー登録してるんやが「患者さんと一致しました」という連絡が入った】の続きを読む

    1: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/12/16(土) 02:06:44.48 ID:cZ1DUBBR0
    「高校2年の夏休み前、河合塾の模試で京都大学がB判定だった。1年前に同じ模試を受けて、そのときもB判定だった。
    眠らないで勉強したのに成績が全然伸びなかった。それから、おかしくなりました」

    勉強しようとペンを持つと、胸が痛くなって過呼吸になる。最初の異変だった。

    「夏休みはいっぱい勉強しようと決めたけど、過呼吸が始まって宿題すらいっさい手をつけられなかった。
    2学期の始業式、どうしても学校に行きたくなかったけど、行きなさい、行きなさいって。でも、教室に入れなかった。
    勉強する場所に行くと悪寒がしたり、震えたり、過呼吸になったり。それで保健室通いが翌年3月まで続きました」

    病院に行くと「うつ病」と診断された。リストカットとフットカット、不眠が始まって薬を飲むようになった。
    朝、時間どおりに起きることができない。高校2年の夏休み以降、一度も教室にも入ることができないまま、3年に進級した。

    家庭にも問題があった。本人の説明によると、父親は横暴な人物で、母親は夫のモラハラで精神疾患になった。
    兄と姉は高校を卒業して逃げるように実家を出て、勉強ができなくなった石川さんは自宅でリストカット、フットカットを繰り返した。

    「当時、私にはかなりのリストカット、フットカット傷があって、父親はそれを眺めて『本当に死にたい奴は、そんなところ切らねえ』って怒鳴った。
    死にたくて切っているわけじゃないと言ってくるから、違うと言い返しても『死にたいみたいなアピールをして、みんなの注目浴びたいだけ』って。傷だらけなのに、どうしてそんなことを言うんだろうって思った。SOSを出しているのにって」

    転載元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513357604/ 【娘「リストカットするょ、これはSOSなんだょ?」父松「死にたいアピールして関心引きたいだけだろ。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ