1: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:48:47.64 ID:jLI5FgfK0
試験官「合格! 俺、前に出なさい」

おまえら「まったく……勘違いした田舎者は試験会場に入れないで欲しいよ」

試験官「君たち! 試験中です、だまりなさい」

おまえら「…………チッ」

おまえら「さっさと落ちちまえよ」

俺「あの、もうはじめてもいいですか?」

試験官「すまない、始めてよし!」

試験官(俺……手元の資料には爵位も寄付金も無し…………残念だが受からないだろうな)

学園長「…………」

俺「………………ふんっ!!」

ブワワワワ!!!!

おまえら「!!!!! なんだいったい!!!!!?????」

おまえら「これはどこから………………どいつだ!!!!????」

おまえら「あの俺とか言っていた田舎者だ!!!!!」

試験官「信じられん…………これほどの実力者が受験者の中に紛れ込んでいたとは…………合格!!!!」

転載元:http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505796527/
2: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:49:41.32 ID:nxxjESN90
男塾かよ

4: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:51:23.76 ID:jLI5FgfK0
ヒロイン「失礼致します」

試験官(ほう! これは凄いな…………実力、爵位、財力、すべてが基準を大きく上回ってる!!」

試験官「これは決まりですな」

おまえら「さすがヒロインさんだな」

おまえら「合格は当然といったところか。いや、それどころか主席に違いないだろう」

学園長「ところでヒロインさん、この会場で気になっている受験生は他にいますかな?」

ヒロイン「ええ、います。とても気になる方が」

おまえら「おれの事かな」

おまえら「ばか、おまえなわけないだろ!」

学園長「それはどなたですかな?」

ヒロイン「それは…………」チラッ

おまえら「大貴族の方を見たぞ!」

おまえら「くそっ! やっぱりか!」

大貴族の子弟「フッ! 当然だ」

5: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:51:50.55 ID:jLI5FgfK0
ヒロイン「あそこにいる、俺という方です」

俺「……?」キョトン

大貴族の子弟「!!?? なんだと!?」

おまえら「え? 何をご冗談を……」

おまえら「ヒロインさんがあんな田舎からでてきたような奴を…………」

学園長「ほっほっほ……下がってよろしい」

ヒロイン「はい、失礼しました」

試験官「いったいどいうことでしょうか? あのご令嬢が」

試験官「なーにただの冗談ですよ」

試験官「ははは、そうですよね」

学園長(ふうむ……こやつらはわかっておらんのう)

大貴族の子弟「貴様ぁ!!」

俺(なんだか面倒なことになってきたなぁ…………)

7: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:53:11.89 ID:JcifB8OKK
フンブワワワのとこなにしてんの?

10: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:53:50.48 ID:jLI5FgfK0
>>7
魔力を開放した

15: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:54:53.38 ID:E+tD9ws90
>>7
鼻かんだ

11: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:54:18.15 ID:nxxjESN90
王道過ぎてあかんわ

14: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:54:44.18 ID:RkPfTaXua
3回くらい見直して状況把握した

19: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:55:29.83 ID:E+tD9ws90
>>14
最初の合格!のところがあれだよな

17: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:55:05.46 ID:jLI5FgfK0
貴族子弟「よろしい、ならば決闘だ!」 俺「受けて立つ!」 おまえら「あ~あ……、あいつ死んだな」

貴族子弟「場所は追って知らせる。逃げるなよ」

俺「わかった。俺が勝ったら平民を見下すのはやめてもらう」

貴族子弟「ふんっ!」

平民女「ごめんなさい…………私のせいで…………」

俺「怪我は無かったか?」

平民女「はい、…………あの、逃げてください。あの人たち、なにをするかわかりません」

俺「まあ、勝てばいいんだろ」

おまえら「あいつ、貴族に喧嘩売ったぜ」

おまえら「馬鹿なやつ、今日が命日になるな」

21: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:56:01.31 ID:E+tD9ws90
>>17
おい話飛んでるぞ

23: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:56:19.80 ID:M9nK5093H
>>17
急に平民女でてきたけど

18: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:55:25.85 ID:M9nK5093H
俺なんかしちゃいました?

20: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:55:38.01 ID:dKBBmOpXa
何をしてるんだよ

31: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:57:32.84 ID:jLI5FgfK0
貴族の子弟「ハハハ、落ちこぼれにふさわしいパーティーだな!」

貴族の子弟「お前らじゃ途中失格確定だな」

ヒロイン「俺さん…………」


おまえら「くそ! あいつら好き勝手言いやがって」

平民女「俺くん、あの、ヒロインさんからの誘いを断ったって本当ですか?」

おまえら「ええ!? 俺、ヒロインさんから誘われてたって本当かよ!?」

俺「ああ、そうだが?」

おまえら「ええええ!? マジだったのか!?」

平民女「なんで断ったんですか?」

俺「そりゃ、ヒロインと組んだらあいつに助けられっぱなしと思われちゃうじゃん」

おまえら「俺…………」

俺「落ちこぼれって言われてる俺たちだけで優勝したら爽快だろ?」

平民女「俺くん…………」キュン……

36: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:59:37.51 ID:E+tD9ws90
>>31
いやだからこれだと最初パーティー会のパーティーだと思うじゃん
パーティって書けよ

43: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 14:00:43.02 ID:jLI5FgfK0
>>36
ほんまかそれ
パーティなんて初めて聞いたやで

47: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 14:01:22.11 ID:2U5x8Wzqa
>>31
唐突な大会始まってるやん

34: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:58:31.97 ID:oCA3+EMop
異世界物かな?

35: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:58:55.97 ID:yFQsbMD4p
状況がさっぱり分からん

38: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:59:44.24 ID:jLI5FgfK0
貴族子弟1「まさか栄えあるトーナメントで俺が本戦出場なんてな」

貴族子弟2「どうせ汚い事して勝ち上がったんだろ」

俺「……」

おまえら「くそっ! 俺がどんだけ努力してきたか知らないくせに…………!!」

俺「いいって、放っとけ」

貴族子弟1「本戦では大貴族子弟様が上がるから、どうせ勝てないだろ」

貴族子弟2「そうそう、俺がどんなに卑怯なことしても、大貴族子弟様には通用しないからな!」

ヒロイン「そんなことありません!!」

貴族子弟1「ヒ……ヒロインさん…………!?」

ヒロイン「俺さんは、……ずっと努力してきたの、私知ってます。きっと優勝するのは俺さんです!!」

貴族子弟1「い、いや……俺はですね…………別にヒロインさんと争うつもりなんて…………」

貴族子弟2(ヒロインさんが俺なんてやつの肩を持つなんて…………)

おまえら「ははwwwwwwあいつら慌てて逃げてったぞ」

ヒロイン「俺さん、頑張ってください。私、応援してますから!!」

俺「おまえらなぁ…………やれやれ、ちょっと優勝目指してみるかな」

ヒロイン「俺さんっ!!」

39: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 13:59:45.83 ID:Oq7nsDlkd
もうちょい暑い時期にこういう薄ら寒いスレは立ててほしかったわ

48: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 14:01:23.45 ID:gNSwqhjEM
なんで爵位のあるヒロインや大貴族の子弟が戦いに身を投じてるのか

67: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 14:08:29.22 ID:dndUwtA30
>>48
何もしないで領地治めてるだけの貴族は没落するんやぞ

79: 名無しのおにいやん彡(^)(^) 2017/09/19(火) 14:11:28.49 ID:/CauJa0rp
つづきはよ